中古車でも車両保険に加入する必要はあるのか

中古車を購入すると、任意保険に加入すると思います。その際に、「車両保険」を付けるかどうか悩む人もいるのではないでしょうか。

新車や高級車であれば、車両保険に入る人のほうが圧倒的に多いです。高いお金を出して購入した車ですから、当然と言えるかもしれません。

しかし、中古車の場合は、多少の傷やへこみであれば、それほど気にしないという人もいます。その場合、修理する必要もないため、車両保険はつけなくても問題ありません。

たとえば、大雨などで車が水没する可能性もあります。そのような場合、車は全損になってしまいます。しかし、車を買い替えるだけの経済力がある人は、車両保険は必要ないかもしれません。

しかしながら、中古車を買うときでもローンを組んでいるのが一般的です。もし車が全損になってしまうと、ローンだけが残ることになります。ただ、車両保険に加入していれば、保険金を残っているローンの返済に充てることも可能です。

このような万が一の自体への備えを考えると、車両保険は付けておいてほうが良いと思います。ただ、当然ながら、保険料がかかりますから、そのバランスを見ながら検討することが重要です。

中古車の車両本体価格と車両保険料のバランスを考えよう

車両保険には、タイプがいくつかあります。たとえば、「当て逃げ」「単独事故」などの補償をつけない場合は、エコノミータイプで十分だと思います。一般的に、車両保険は以下の3種類に分けることができます。

一般車両型

車の損害はほぼ全部補償される

エコノミー型

一般車両から単独事故や当て逃げの補償を除いたもの

車対車型

車同士が事故になった場合のみ適用される補償内容

エコノミータイプの保険料は、一般車両の5割程度になります。検討するときは、一度、車両保険料込みの見積もりを出してもらうと良いです。古い中古車になると、車両保険の設定金額は数十万円ほどになると思います。

例に出してみましょう。20~30万円程度の中古車であれば、車両保険の設定金額は20万円前後にしかならないです。つまり、古い中古車の場合は、そもそも価値が低いため、保険金を大きな金額で設定することができないのです。

このようなケースでは、万が一、事故にあっても、20万円程度しか保険金を受け取ることができません。年間数万円の車両保険料を支払い続けることを考えると、古い中古車の場合は、車両保険に入るかは考えものです。

車両保険を使うケースを考えてみる

事故で車両保険を使うとき、たとえば、30万円の中古車に、10万円設定の車両保険を付けていたいとします。事故の過失割合が5対5で、修理費に20万円かかったとします。その場合、受け取れる保険金は、以下のとおりです。

  • 自分の車両保険から「10万円」
  • 相手の保険から「10万円」

つまり、この場合、合計20万円の保険金を受け取ることができます。したがって、修理費の20万円はすべて保険金で賄えることになります。

ただし、車両保険に「免責金額」を設定しいるケースも考えられます。たとえば、免責金額を5万円にしていた場合、残りの5万円は実費で負担することになります。一般的には、車両保険料を安くするために5~10万円の免責金額を設定することが多いです。その金額によっては、保険金が出ないことも考えられるので注意しましょう。

車両保険を使うと保険等級が下がる

自動車保険を使ったことがある人は経験があるかもしれませんが、車両保険を使うと、保険等級が1~3等級下がってしまいます。そのため、保険を使った翌年から、保険料は大幅に高くなります

簡単に言えば、「事故を起こさない人は、保険料を安くしますよ」という意味です。逆に考えると、「事故を起こす人(保険を適用する人)は、保険料が高くなりますよ」と捉えることもできます。

 

つまり、車両保険を使って、その保険金で車を修理する人からは、それなりの高い保険料を取っているのです。もしもの備えとしての車両保険ですが、いざ保険金を受け取ると、その分保険料が高くなる仕組みです。

ですから、安い中古車の場合は、「高い車両保険料を払ってでも、修理する価値があるのか」ということを良く考えなければいけません

しかし、100万円以上で購入した中古車の場合は、万が一、事故などで修理が必要になると、かなり高額な出費になります。このように、中古車でも比較的価格が高いものに関しては、新車と同様に車両保険を付けておくのが無難です。

自動車保険に加入するときの注意点

ここまでの説明で、「中古車に車両保険は必要か」ということについて解説してきました。

基本的には、修理費が高くなりそうな中古車であれば、車両保険に入っておいたほうが安心です。しかし、「わざわざ保険で修理するほどの中古車ではない」と考えるのであれば、高い保険料を支払うのは無駄になります。

ただ、保険会社としては「加入して欲しい」と考えます。ですから、車両保険が本当に必要か自分できちんと判断する必要があります。また、加入する場合でも、「必要以上の補償内容」になっていないか、しっかり確認するべきです。ここは自分で考えて確認しないと、無駄な保険料を払い続けることになります

車両保険は、いざという時に高い修理費を補償してくれます。ですから、そのような高額な出費が心配であれば、加入しておくと良いです。しかし、その場合は、中古車そのものの価値を考えて加入するようにしましょう。