中古車を購入するときの頭金はいくら必要?

中古車とは言え、物によっては新車の金額とそれほど変わらないこともあります。その場合は、中古車をローンで購入しようと考えている人もいるかと思います。もちろん、購入費用を一括っで支払えれば、それに越したことはありません。しかしながら、実際のところは、ローンを利用して購入するのが一般的ではないでしょうか。

それでは、ローンを組んで中古車を買う場合、頭金はいくら必要になるのでしょうか。頭金とは、最初に支払う「まとまった現金」のことを言います。

このページでは、頭金は必要なのか、また、いくら必要なのかという疑問にお答えします。

自動車ローンの基礎知識

まず自動車ローンのことについて理解しておく必要があります。

自動車ローンとは、車の購入資金を銀行などの金融機関から借りることです。返済をするときは、借りたいお金に金利手数料(利息)を上乗せした金額になります。

ただ、自動車ローンを利用するには、手続きの段階で「ローン審査」を受けることになります。この審査に通らなければ、自動車ローンを利用することはできません。ちなみに、審査のときに重要視されるのが、「収入」「仕事内容」などです。

頭金がない場合でも中古車を買うことができる

結論から言うと、頭金がなくても中古車を買うことは可能です。なぜなら、自動車ローンの審査に通れば、頭金を含めて、銀行からお金を借りることができるからです。

あらかじめ計画的に車を購入するために貯金をしていれば良いのですが、「まとまった現金」を用意するのは、それほど簡単なことではありません。ですから、頭金の用意に悩まされている人は、自動車ローンを検討してみるのも方法です。

頭金を用意した場合のメリット

ただ、まったく頭金がないのと用意した場合では、さまざまな条件が異なります。たとえば、頭金をある程度用意することで、「自動車ローンの審査に通りやすい」というメリットがあります。頭金があれば、それだけ借りる金額が少なくなるからです。

たとえば、200万円の中古車を買う場合を考えてみましょう。頭金を50万円用意できれば、借りる金額は150万円で済みます。この場合、全額の200万円を借りるよりは審査に通りやすいです。

さらに、利息(金利手数料)にも違いが生じます。利息は借りた金額にかかるお金です。したがって、借りたお金が少ないほうが、金利手数料も安く済みます。しかし反対に、借りる金額が多くなれば、それだけ金利手数料は高くなります。

また、借りる金額が少なくなれば、返済期間も短くできるかもしれません。そうすれば、利息を減らすことにもつながります。当然ですが、月々の返済額も安く抑えることができます。

したがって、頭金を用意することで、以下のようなメリットがあります。

【頭金を用意した場合のメリット】

  • ローン審査に通過しやすくなる
  • 月々の返済額が安くなる
  • 金利手数料が安くなる

このように、頭金を用意すれば、結果的に支払い総額を抑えることにもつながります。ですから、このことだけを見れば、頭金を用意したほうが良く思えます。

頭金を用意するかは、手持ちの資金を見て検討しよう

しかし、どのような状況でも頭金を用意すれば良いわけではありません。中古車を買うのですから、購入後にメンテナンス費用がかかることも考えれます。もちろん、ガソリン代などの維持費も毎月かかってきます。

また、車関係以外にも、急な出費があるかもしれません。ですから、いかなる状況でも、ある程度の現金は手元に置いておくべきです。したがって、貯金を全部叩いてまでして、頭金を用意するようなことだけは避けましょう。そこまでして車にお金をつぎ込んでしまうと、もしものときに全くお金がない状態になってしまいます。

頭金はいくら必要か

それでは、頭金を用意する場合は、いくら必要なのでしょうか。

実は、頭金の額に決まりはありません。ですから、「いくらでも良い」というのが結論です。しかし、ある程度の相場があり、一般的には「購入費用の2~3割程度」になります。たとえば、購入費用が200万円の中古車の場合は、頭金の相場は40~60万円ということになります。

前述のとおり、頭金を用意することで、審査が通りやすかったり金利手数料が安くなったりします。ですから、できれば頭金は用意するほうがベターです。

しかし、「貯金がほとんどない状態から、何とか10万円の頭金を用意した」というのは考えものです。頭金は貯金がゼロになってまでして用意するものではありません。それであれば、全額を自動車ローンで支払い、ある程度の現金は手元に残しておくべきです。

実際のところ、頭金を貯金から頑張って用意しても、その額が少なければ、手数料などの影響もほとんどありません。それよりは、全額ローンで返済し、手元に現金を残しておくことをおすすめします。

頭金を支払うタイミングはいつ?

頭金を支払うタイミングは、販売店によって異なります。契約前に請求されるケースもあれば、契約後から納車までの間に支払えばいいお店もあります。また、手付金として数万円を最初に払い、その後、残りの頭金の相当額を支払うケースもあります。

また、頭金ゼロで購入する場合でも、契約前に購入の意思を確認するために、数千円の手付金を求められる場合もあります。これに関しては、販売店の指示に従って支払う必要があります。

まとめ

ここまで、中古車を購入するときの頭金について説明しました。

自動車ローンさえ組めれば、無理して頭金を用意する必要はありません。手持ちの資金から無理して用意するようなら、頭金なしで中古車を購入したほうが無難です。

ただ、頭金を用意することで、自動車ローンの審査が通りやすくなるというメリットがあります。また、月々の返済額も減らせますし、金利手数料も安くなります。つまり、頭金を用意することで、支払い総額を抑えることにもつながるのです。

ですから、頭金を支払うに越したことはありません。金額の目安は、総額の2~3割程度になります。ただ、この相場を意識しすぎることはありません。手持ちの資金と照らし合わせて、無理のない範囲で頭金を用意するのが賢明です。