初めての中古車購入!中古車の賢い探し方の解説まとめ

中古車の在庫は全国に膨大な数があるため、そのなかからお気に入りを探すのは結構大変な作業です。私も過去に、中古車探しに半年もかかった経験があります。中古車探しは意外と時間がかかるものなのです。

とくに初めて中古車を買う人にとっては、どのように探せば良いのか分からないのではないでしょうか。

中古車を選ぶときのポイントになるのが、価格や走行距離、年式、コンディション、装備類などです。しかし、すべての条件がマッチした中古車はなかなか見つからないため、どこかで妥協することも肝心です。

このページでは、中古車の賢い探し方について紹介します。

車のタイプを決める

最初に、どのようなタイプの車を買うのか決める必要があります。具体的な車種まで決める必要はありませんが、タイプだけは最初に決めておきましょう。たとえば、軽自動車のなかでも「ボックスタイプ」や 「スライドドア」「4WD仕様」など、タイプはさまざまです。ですから、ある程度好みをはっきりさせておいたほうが、探すのもスムーズです。

購入予算を決める

車のタイプが決まったら、次は予算を決めましょう。中古車は新車のように価格が一定ではないため、予算を決めておく必要があります。しかしながら、タイプと予算さえ決めてしまえば、数ある中古車のなかでも、かなり絞れてくるはずです。

ただし、購入時にかかるのは「車両価格」だけではありません。それ以外に、諸経費(法定費用と販売店手数料)がかかります。中古車にもよりますが、諸経費に数十万円かかることもあります。

ですから、中古車を買うときは、「車両本体価格」と「諸経費」を合わせて考える必要があります。インターネットや雑誌にも大きく価格表示されていますが、ほとんどの場合、諸経費が含まれていません。このことは、中古車を探す前にしっかり理解しておいてください。

妥協できるラインを決める

また、同じ車種でも、その車のコンディションや年式、走行距離によって価格は大きく変動します。ですから、これらのポイントにおいても、どこまでであれば妥協できるのか、ある程度ラインを決めておくと良いです。

また、車のカラーやグレード、装備類によっても価格は変わります。自分のなかで何を優先させるのか、これをハッキリさせておきましょう。

インターネットを使って中古車販売店を探そう

インターネットで販売店を探すのに抵抗を感じる人もいます。しかし、近所を回って販売店を探すのには限界があります。また、インターネットのほうが遙かに情報量が多いです。そのため、満足のいく中古車を探すには、インターネットの活用が欠かせません

また、インターネットで中古車情報を提供しているサイトは、中古車をさまざまな条件で検索できるようになっています。たとえば、車種や予算、年式、カラー、走行距離、こだわりポイントなどを条件に入れると、全国の中古車から一発で情報を絞ることができます。

ただし、インターネットの情報だけでは、その中古車のすべてを判断することができません。実際に見てみないと分からないこともあります。ですから、インターネット上の情報だけで購入を決めるのはやめておきましょう。できれば、試乗することもおすすめします。

「返品の可否」や「保証内容」を確認する

中古車の場合、買ったあとで傷やへこみが見つかったり、エンジンの異音に気づいたりすることは良くあります。場合によっては、その中古車を買ったのを後悔してしまうことも考えられます。ですから、事前に返品が可能か確認しておくことが重要になります。

ただ残念ながら、返品対応していない中古車販売店も多く存在します。逆に返品対応してくれるお店から探すと、選択肢を非常に狭めてしまうことにもなります。

その場合は、購入後の「保証内容」に注目してみてください。たとえ中古車でも、購入後の保証を付けてくれる販売店は多いです。新車ほど保証内容は手厚くありませんが、それでも「1,000km以内」「3ヵ月以内」であれば、無料修理を行ってくれるような保証内容のところが多いです。

もし購入を検討している中古車のコンディションに不安を感じるようであれば、そこの販売店の保証内容はしっかり確認しておきましょう。

修復歴をチェックしよう

販売されている中古車のなかには、修復歴車(事故車)があります。ただ、過去の損傷の程度は、その中古車によって異なります。修復歴の有無は、必ず表記されています。一般的には、修復歴のある中古車はやめておきましょう。なぜなら、「確実に安全」とは言い切れないからです。

しかしながら、修復歴がかなり軽いケースもあります。そのような中古車は、コンディションの割に「格安」になっているケースがあります。そのことを許容できるのであれば、かなりお得に中古車を買うことができます。

ただし、過去に大きな事故で損傷を受けた中古車もあります。その場合、車の操作性だけでなく、安全性そのものが疑われます。価格だけ見ればお得に感じますが、そのような修復歴車は買わないのが賢明です。

まとめ

ここまで、中古車を探すときのポイントや注意点について説明してきました。

気をつけておきたいポイントをいくつか紹介しましたが、そのなかで妥協できるところをしっかり見極めるのが大切です。すべての条件が完璧にそろった中古車に出会える可能性は非常に低いです。

それよりも、自分のなかで妥協できるポイントをはっきりさせ、その範囲内でベストな中古車を探すことが賢い方法です。