中古車を買うならどこがいい?中古車販売店の特徴を解説

車を買う機会というのは、一生のうちにそうあるものではありません。ただ、「今の車が古くなったから買い替えたい」「家族が増えたから、そろそろ大きい車に買い替えたい」などの理由で、車の購入を検討している人もいるかと思います。

そのときに問題となるのが、「中古車をどこで購入するか」という点です。中古車販売店でも大手から個人経営のお店までたくさんあります。そのため、「中古車屋さん探し」に迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、中古車を購入できる販売店の特徴について解説します。

ディーラーで中古車を買う場合

ディーラーと聞くと、「新車」というイメージがあるかと思います。確かに、新車を購入するには、メーカーごとのディーラーで買うのが一般的です。つまり、ディーラーとは「新車販売の専門店」とも言えます。

しかし、新車ディーラーでも、同メーカーの中古車が販売されているのを見たことがあると思います。これは、新車を販売するために「下取りした車」を、そこで中古車として売っているのです。

ディーラーで下取りする人は、同じメーカー車のなかで買い替えをするケースが多いです。そのため、新車ディーラーには、「同じメーカーの中古車が集まりやすい」という特徴があります。

また、ディーラーと付き合いのあるユーザーは、点検なども定期的にディーラーに依頼していることが多いです。ですから、ディーラーで下取りする車は、状態が良いものも少なくありません。

下取りした車は、自社工場でメンテナンスをして、再び販売できる状態にします。そのため、ディーラーの中古車は「安心感が高い」という印象があります。ただ、その分、中古車の価格は相場よりやや高めの設定になっているケースが多いです。

ディーラーの中古車は保証が充実している

しかしながら、ディーラーで売られている中古車であれば、アフターサービスも比較的充実しているため、購入する人にとっては安心感があります。とくに、「認定中古車」として販売されているものは、新車に近い保証がついています。必要なパーツもしっかり交換されており、「中古車だから故障しやすいのでは?」と心配する必要もありません。

したがって、目当ての車種が具体的に決まっており、「故障などの心配や中古車特有のストレスを持たずに乗りたい」という人は、ディーラー中古車が適していると言えます。

もちろん、世の中には「安くても状態の良い中古車」というのはあります。たまたま探していたら、運良くそのような中古車に当たることもあるでしょう。しかし基本的に、中古車には「その車相応の値段」がついています。ですから、ディーラーの中古車は少し割高になるかもしれませんが、「安心感」という意味では十分にメリットがあります

中古車販売店で中古車を買う場合

中古車販売店には、業者だけが参加できる中古車オークションで競り落とされた中古車が並びます。もちろん、中古車として販売する前には、修理やメンテナンスを施します。

中古車オークションで売られる車は、ある程度市場の相場が反映された価格になります。もちろん、車種や年式、グレード、走行距離などによる価格差はあります。しかし、もろもろの条件が同じ車同士を見れば、中古車としての価格帯はほとんど似通ってくる傾向があります。

よく掘り出し物の中古車を探そうとしている人もいますが、これはなかなか見つからないと考えておいたほうが良いです。車検などが残っている場合などは別ですが、中古車を1台販売するまでにかかる経費というのはある程度決まっています。そのため、中古車販売店では、価格差がないというのが実情です。

したがって、「掘り出し物」を探すのは、取り越し苦労になってしまう可能性が高いです。もちろん、時間をかけて探せば、相場より安い中古車を探すことは可能です。しかし、あまりにも安い場合は、「車の状態」「修復歴の有無」「管理体制」などを疑ってみるべきです。

それ以外の理由で価格差があるとすれば、「年式」「走行距離」「カラー」「オプション」などの条件に必ず違いがあるはずです。ですから、中古車を探すときは、これらの条件についてもチェックしておく必要があります。

中古車は「コンディションの良さ」も含めて購入する意識を持とう

車を選ぶときは、デザインや色、装備や燃費などに注目しがちです。もちろん、自分好みの車を買うときは、それらのポイントも選ぶときには重要です。しかし、車は「命を預ける乗り物」ということも忘れてはいけません。

とくに中古車を買う場合は、その車によってコンディションは異なります。外見が新しそうに見えても「相場より格安」の中古車は、コンディションが正常か疑ってみるべきです。ほとんどの場合、見た目には分からない問題を抱えているといって良いでしょう。

したがって、中古車は多少高くても「安心を買う」という意識を持っておいた方が良いです。とくに年式が古い車や走行距離が多い車は、安全なコンディションを保つにはそれなりに経費がかかるものです。そういった意味では、整備履歴などをはっきり教えてくれる中古車販売店であれば、安心して購入できると思います。

まとめ

ここまで、ディーラーと中古車販売店の違いについて説明してきました。中古車販売店は、車種も豊富で、なおかつ比較的リーズナブルなものが多いです。一方、ディーラー中古車は販売店に比べると割高なケースが多いです。しかし、メンテナンスやアフターフォローなどが充実しているため、安心面ではディーラーのほうが勝ります

中古車を選ぶときは、もちろん値段も大切な要素です。しかし、上記で説明したように、中古車を売っているお店によっても特徴は異なります。ですから、自分で中古車に何を求めるのかを明確にした上で、探すことをおすすめします。