中古車の購入手続きに必要な書類・契約時に用意する書類

中古車を買うときは、販売店の営業マンと見積もりや値下げ交渉などの商談を行います。そこで商談がまとまれば、正式に売買契約を交わすことになります。

その契約書に必要事項を書いて印鑑を押せば、契約を正式に交わしたことになります。そのタイミングで、お店の営業マンからその他の必要書類についての説明があります。

ここでは、中古車を買うときに必要となる書類について説明します。

中古車購入に必要な書類

車庫証明書

車の駐車場(保管場所)を管轄している警察署に行って申請すれば、交付してもらうことができます。車販売店のほとんどは、車庫証明書の申請手続きを代行してくれます。しかし、賃貸物件の駐車場を借りる場合は、管理している不動産会社から署名と押印が必要になるため、その作業自体は自分が行うことになります。

自動車検査証

中古車を購入した後にもらえる書類です。納車時に、車検証に書いてある使用者があなたの名前になっているかを必ず確認しておきましょう。車検証は車の任意保険に陥入するときに必要です。ですから、コピーを販売店から事前にもらっておきましょう。

印鑑証明書

契約の際に押した印鑑が「実印」であることを証明するための書類です。住んでいる自治体の役所でもらうことができます。ただし、中古車を購入するときに必要となるのは、「発行日から3ヵ月以内」のものです。ちなみに、車を売るときにも必要になります。ですから、車の売買を同時に進める場合は、印鑑証明書は2枚必要になります。

実印

実印とは、住民票のある自治体の市区町村役場で登録している印鑑のことです。もし実印登録をしていない場合は、契約の前に登録してください。なお、ゴム印や変形しやすい印鑑は実印として認められません。実印用の印鑑をあらかじめ準備しておきましょう。

住民票

住民票は、「中古の軽自動車」を買う場合に必要な書類です。ただし、軽自動車以外の車を買うときでも、販売店によっては住民票が必要となるケースがあります。

委任状

車の登録手続きは、販売店に代行してもらうことになります。そこで必要になるのが委任状です。ただ、この書類自体は販売店側が用意してくれるため、あなたはそれに署名と押印をするだけです。

譲渡証明書

車を販売店から購入者に引き渡すことを双方が合意したことを証明するための書類になります。

これらが、中古車を買うときに必要な書類です。

手続きには代行費用などがかかりますが、ほとんどは販売店側が対応してくれます。ただし、実印や印鑑証明書、住民票などは自分で用意することになります。ただ、委任状と譲渡証明書は販売店のほうが用意してくれます。ですから、これら2つの書類に関しては、記入するだけで大丈夫です。

車検証が発行されたら、「所有者欄」「使用者欄」「車体番号」などに間違いがないか、念のために確認しておくと良いです。

車を売る場合の書類は別途必要になる

中古車を買うときは、上記の書類を用意すれば大丈夫です。ただ、買うのと一緒に今まで乗っていた車を売る場合は、別の書類も必要になります。その際に必要な書類は、以下のとおりです。

【中古車の売却または引き取りに必要な書類】

自動車検査証

いわゆる「車検証」と呼ばれる書類のことです。この書類がなければ、買取業者は車を引き取ることができません。ちなみに、車の所有者欄が「自分の名義」になっていないケースでも同様です。

自動車納税証明書

自動車税を支払ったことを証明する領収書のことです。これがなければ車を売ることができません。もし納税していない場合は、速やかに自動車税を支払ってください。

自賠責保険証

正式には、「自動車損害賠償責任保険証」といいます。いわゆる「強制保険」と呼ばれるものです。自賠責保険は、車の使用者であれば必ず加入しているはずです。その証書も売却時に必要です。

リサイクル券

自動車リサイクル料金を支払ったことを証明する書類です。新車で買った場合は、発行されたものが手元にあると思います。しかし、中古車を買った場合は、手元にないケースもあります。そのため、あらかじめ預託状況を確認しておくと良いです。

実印

住んでいる自治体の役所で登録した印鑑を「実印」と言います。車の売買契約には、必ず実印が必要になります。もし現在住んでいる自治体で印鑑登録していない場合は、車を売る前に実印を登録しておいてください。

印鑑証明書

それぞれの書類に押した印鑑が「実印」であることを証明するための書類です。市区町村の役場で発行してもらえます。なお、手続きに必要な印鑑証明書は「発行から3ヵ月以内」のものです。

住民票

引越しなどをした場合、「印鑑証明書にある住所」と「車検証にある住所」が異なるケースがあります。その場合、車の所有者があなたであることを証明するために住民票が必要になります。必要な場合は、買取店のほうから説明があります。

ちなみに本来であれば、引越しのタイミングで「車検証の住所」を変更する必要があります。今後、引越しで住所が変わることがあれば、忘れずに住所変更をしておきましょう。

車を売る際には、以上の書類が必要です。なお、「委任状」や「譲渡証明書」も必要ですが、これらは買取店側が用意してくれるので、それに記入するだけで大丈夫です。

必要書類を紛失してしまった場合は速やかに再発行しましょう

上記で説明した書類が、何らかの事情で紛失してしまった場合は、速やかに再発行の手続きをしてください。再発行のときの手続き方法は、以下のとおりです。

自動車検査証

車を登録している運輸支局で再発行の手続きができます。その際に、身分証明書と理由書が必要になります。他の書類は、すべて運輸支局で手に入ります。なお、再発行には手数料がかかります。

自賠責保険証

保険会社に連絡をすれば、すぐに再発行を進めてくれます。もし保険会社が分からない場合は、以前車検を受けたところに聞けば確認できます。

自動車納税証証明書

普通車の場合は、税事務所で再発行の手続きができます。なお、軽自動車の場合は、市区町村の役所での手続きになります。

リサイクル券

自動車リサイクルシステムの公式ホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」を調べ、それをプリントアウトしましょう。それがリサイクル券の代わりになります。