事故歴のある中古車の見分け方

中古車を買う際、「その中古車が事故車だったらどうしよう」と不安に感じる人もいるのではないでしょうか。また、気に入った中古車が事故車だった場合、その車を買うか迷ってしまう場合もかるかと思います。

販売されている中古車のなかには、事故歴のある車も当然あります。しかし、「事故車の定義」があいまいになってしまっているのが実情です。ですから、中古車を探す前に、事故車について正しく理解しておく必要があります。事故車について注意すべきポイントを知らないと、購入してから「本当は事故車だった」と後悔してしまいます。

このページでは、事故車についての定義を解説します。また、事故車の見分け方やデメリットについても説明します。

事故車の定義を理解しよう

一般的には「事故車」と言われていますが、正式には「修復歴車」といいます。修復歴車の定義は、「車の主要な骨格部分(フレームなど)を事故などで損傷した車、またはそれを修復した車」ということになります。

主要な骨格部分とは、具体的には以下のことを言います。

  • フレーム
  • フロントインサイドパネル
  • フロントクロスパネル
  • ピラー
  • ルーフパネル
  • ダッシュパネル
  • ルームフロアパネル
  • トランクフロアパネル
  • ラジエーターコアサポート

これらの部分に、損傷または修復歴がある場合は、その車は修復歴車(事故車)ということになります。

したがって、ボンネットやバンパー、ドアに少し傷が付いたりへこんだりした程度では、修復歴車にはなりません。このことを勘違いしてしまうケースが非常に多いですから、ここで事故車の定義をしっかり押さえておきましょう。

事故車にも色々ある

中古車を買うときに、修復歴車(事故車)と聞くと、どうしても抵抗感があります。なぜなら、事故車は「死亡事故」を起こした車と想像してしまうからだと思います。当然ですが、そのような事故を起こした中古車には乗りたくはないですよね。

確かに、そのような中古車も存在します。しかし、前述のとおり、事故車とは「車の骨格部分が損傷した車」のことを言います。つまり、「事故車=死亡事故を起こした車」ではないということです。ですから、損傷の原因が必ずしも事故ではないということです。

死亡事故を起こしたような中古車というのは、もし売られていても、かなり安い金額になっているはずです。そうでなければ、買い手がつかないからです。もしくは、それだけの大事故ですから、「修復が不可能」と判断されて廃車になっている可能性も高いです。

そもそも、そのような中古車は、高い修理費をかけて直すメリットがありません。修理費はかなり高額になりますし、直っても買い手がつきにくいからです。ですから、そのような事故車は、廃車になるか、部品として海外へ売れるケースのほうが多いです。したがって、死亡事故を起こしたような事故車に合うのは、ほとんど考えられません。

修復歴車のリスクとは?

しかしながら、中古車市場にも事故車が出回っているのは事実です。事故車は圧倒的にニーズが低いため、かなりの低価格で取り引きされます。考え方によっては、軽めの修復歴車であれば、お得に中古車を買えるということです。

ただし、事故車にもデメリットがありますから、そのことを十分に理解しておく必要があります。

車の骨格部分が損傷を受けているということは、安全に走行するための「直進性能」「ブレーキ性能」「剛性」などが疑われます。つまり、安全性に全く問題ないとは言い切れないのです。

修復歴車は価格が安いというメリットはあります。しかし、安全性を考えると、リスクを背負う覚悟がいります。ですから、「できれば修復歴車は選ばないほうがいい」というのが正直なところです。

また、修復歴車は、購入したあとに不具合が生じる可能性もあります。場合によっては、修理費が高額になることも考えられます。これでは、せっかく安く中古車を買っても本末転倒です。したがって、修復歴車を選ぶ場合は、その後のメンテナンス費用も考えなければいけません。

ディーラー販売の中古車にも修復歴車はある

新車ディーラーは新しい車を販売するために、ユーザーがそれまで乗っていた車を下取りしています。その中古車は、ディーラーの展示場で販売されるケースが多いです。

「ディーラーで売っている中古車だから安心だろう」と考える人もいます。しかし、ディーラーで売られている中古車が「事故車」ではないという保証はありません。つまり、ディーラーでも事故車を販売しているケースはあるのです。ですから、このとこを踏まえて中古車を探すようにしましょう。

事故車を見分けるポイントとは?

それでは、どのように事故車を見分ければ良いのでしょうか。

ただ、安心してほしいのは、修復歴車であれば、プライスボードなどに「修復歴の有無」が必ず書かれています。この表記は義務ですから、基本的には、事故車かどうかすぐに判断できるようになっています。

しかしながら、悪質な販売店の場合は、「修復歴」を隠している可能性もないとは言い切れません。できれば、そのような業者で中古車を買わないように気をつけてください。

そのほかの方法で修復歴を判断するには、「試乗」がおすすめです。骨格部分に大きな損傷を受けて車は、「運転中の感覚」に違和感を覚えます。もし試乗してみて、「運転しにくい」「ハンドルを取られる気がする」「車が傾いている気がする」などの印象を受けた場合は、その中古車を買わないようにしましょう。

まとめ

ここまで、事故車の定義や中古車を選ぶときの注意点について説明してきました。

基本的に、「修復歴の有無」はすぐに分かるように表記されています。また、そのことを隠すことも違法になります。ですから、素人でも修復歴の有無は判断できるので安心してください。

修復歴車のなかにも程度の軽い中古車はあるため、考え方によってはお得と感じるかもしれません。そのような中古車を検討するときは、その後のメンテナンス費用なども含めて、購入を考えてください。