車の買い替え時期は走行距離が何キロのタイミング?

車を買い替えようか検討している場合、どのタイミングで買い替えるのか悩みどころです。そこで一つ目安のなるのが走行距離です。中古車の価値は、走行距離によって変わります。一般的には、5万kmや10万kmを超えると、中古車としての価値が一気に下がりやすい傾向があります。

そこでこのページでは、車の買い換え時期と走行距離の関係について解説します。

車の走行距離が何万キロになると寿命なの?

一昔前であれば、走行距離が10万kmを超えると「車の寿命」と言われていました。なぜなら、このタイミングでさまざまな不具合が生じたり、故障したりするケースが多かったからです。

しかし、今の車は非常に耐久性に優れているため、走行距離が20万kmでも十分に走行することができます。それこそ、海外では修理を繰り返して、走行距離が100万kmを超えるまで乗りつぶすことも良くあります。

また日本でも、タクシーなどは50~100万km走行した車も珍しくないそうです。つまり、乗り方やメンテナンスによっては、車はかなりの距離を走行することができるのです。ですから、「走行距離が○○万km超えたから買い替えよう」というのは、あまり理由にはならないということです。

車の寿命を判断するポイント

それでは、どのようなポイントで車の寿命を判断するのでしょうか。

  • 頻繁に故障する
  • 部品交換が多くなり、車検費用が高額になってきた
  • 車が古くなり、交換用の部品が製造されなくなった

このような場合は、車の寿命と言っていいかもしれません。

なぜ走行距離が5万kmや10万kmを超えるタイミングで中古車としての価値が下がるのか

しかし、実際は、走行距離が5万kmまたは10万kmを超えると、そのタイミングで中古車としての価値が一気に下がる傾向があります。まだ、十分に走行することができるのに、なぜ価値が下がってしまうのでしょうか。

結論から言うと、「中古車としての人気が下がる」からです。日本車は耐久性に優れているため、たとえ10万kmを超えても、まだまだ走行できます。しかし、中古車を買うときのことを考えてみましょう。

たとえば、走行距離が10万kmを超えた中古車を買いたいと思うでしょうか。もちろん、安さを重視するのであれば選ぶ可能性はあります。しかし、大抵の場合、10万kmを超える中古車は懸念されます。つまり、中古車として人気がないのです。

中古車市場の相場は「人気」が大きく影響します。そのため、まだ十分に走行できる中古車でも、走行距離が多いと人気が下がり、その結果、中古車としての価値が下がってしまうのです。

これは、走行距離が5万kmを超えるタイミングでも言えることです。走行距離が5万kmであれば、「まだ比較的新しい」という感覚になります。しかし、中古車のなかでもまだ比較的新しいものを好む人の場合、「5万kmを超えた中古車」よりも「3万km程度の中古車」のほうを選ぶ可能性が高いです。

つまり、5万kmを超えるタイミングでも、中古車としての人気が下がりやすいのです。したがって、走行距離がこのラインを超えると、中古車としての価値も落ちてしまうのです。

走行距離が何キロのタイミングで車を売るべきか

それでは、どのタイミングで車を売るのが良いのでしょうか。

前述のとおり、走行距離が5万kmまたは10万kmを超えるタイミングで、中古車としての価値がガクッと下がりやすい傾向があります。ですから、車を買い替えようとしている段階で、走行距離が5万kmまたは10万kmに近づいているのであれば、そのラインを超える前に手放すことをおすすめします。そうすれば、今乗っている車を少しでも高く売ることができます。

しかし、たとえば、走行距離が7万kmくらいの中途半端なラインであれば、走行距離のことはあまり気にする必要はありません。あなたのタイミングで車を買い替えれば問題ないです。

一方、10万kmを超えている場合は、その時点で中古車としての価値はかなり下がっていると考えましょう。ですから、今すぐに売ったとしても、そこまで査定額に影響することはありません。

それよりも、あと数万km乗り続けて、その車を乗りつぶすつもりでいたほうがお得と言えるかもしれません。走行距離が13万kmになったとしても、そもそも十分価値が下がっていますから、10万kmのときと比べても、査定額にそれほど差が生まれません。

どこで売るかも肝心

しかし、たとえ車の走行距離が10万kmを超えていても、売るのをあきらめることはありません。実は、そのような車で販売ルートによっては十分に価値があるからです。

日本国内では、10万kmを超える過走行車は、中古車として売れにくくなります。ですから、日本では、中古車としての価値が低いのです。

しかし、東南アジアやアフリカなどでは、「10万kmを超えた日本の中古車」は宝物のように扱われます。日本車は耐久性に優れてしますし、修理を繰り返せば、50~100万kmになるまで乗り続けることができるからです。

したがって、10万kmを超えた車を売る場合は、「海外への販売ルート」を持った買取業者に売るのがベストです。そうすれば、ほとんど値がつかない中古車でも、思いのほか高値で売れるかもしれません。

まとめ

ここまでのポイントをまとめます。

【車を買い替えるタイミングと走行距離の関係】

  • 走行距離が5万kmまたは10万kmに近づいているのであれば、そのラインを超える前に手放すのがお得
  • それ以外のタイミングで車を買い替えようと検討している場合は、走行距離を気にする必要はない
  • 10万kmを超えてる車を売る場合は、「海外への販売ルート」を持った業者に売ると、高値で買い取ってもらえる可能性がある

車を買い替える際、走行距離を気にするのであれば、これらのポイントに注意してみてください。しかし、大前提として、「中古車は時間が経つほど価値を下げる」と覚えておきましょう。ですから、結局のところ、今乗っている車をできるだけ高く売ることを考えれば、少しでも早く売るのが得策です。