軽自動車を買うなら新車と中古車どちらがお得か比較検証

軽自動車を買うとき、新車にしようか中古車にしようか迷っている人もいるかと思います。トータルで考えると、新車か中古車どちらが「お得な買い物」と言えるのでしょうか。

このページでは、軽自動車を購入する場合、新車と中古車どちらがお得かを検証してみようと思います。

軽自動車を新車で買うメリット

最新モデルが乗れる

新車で買うメリットは、何と言っても「最新モデル」が手に入ることです。新しいもの好きな人にとっては新車のほうが適しています。また、安全性能や燃費性能もモデルごとに向上します。

エクステリアやインテリアデザインにおいても、やはり最新モデルのほうが洗練されており、満足度は高いと思います。一昔前であれば、「軽自動車は安っぽい」というイメージがありましたが、最近のモデルは高級仕様のものも増えています。

ちなみに、新車を買う際は、自動車メーカーのディーラーで契約を交わします。新車は「値引き交渉」が前提といっても過言ではありません。ですから、新車を購入する場合は、値引き交渉を必ず行うようにしてください。

保証内容が充実している

軽自動車を新車で買うと、充実した保証を受けることができます。もちろん、中古車でも保証が付いているケースが多いですが、内容を比べると新車のほうが圧倒的に手厚いです。たとえ新車でも、使っていれば故障する可能性はあります。ですから、保証が充実している新車であれば、より安心して乗れると思います。

万が一、車が故障すると、その修理費は想像以上に高くつきます。とくに、エンジン回りのトラブルは修理に数十万円かかるケースも珍しくありません。その際、もし保証が付いていないと、実費で全額負担することになります

これでは、せっかく生活を豊かにするはずの車が、生活費を圧迫することにもなります。このようなことから、保証が充実している新車に大きなメリットがあります。

新車は安心感がある

中古車の場合、見た目がキレイでも「実は事故車だった」ということも十分に考えられます。また、素人ではわかりにくいですが、エンジン回りにかなりダメージを負っている中古車もあります。そういう意味では、中古車は故障のリスクが付きまといます。

一方、新車の場合は、故障などの心配をする必要がありません。よほどヒドい運転をしなければ、すぐにメンテナンスが必要になることもありません。ですから、「新車のほうが安心して乗れる」というのは間違いないです。

軽自動車を中古で買うメリット

選べる幅が広い

新車で購入する場合、現行車(リアルタイムで発売されているモデル)のなかからしか選べません。つまり、新車を買うときは選択肢が狭くなってしまうのです。

しかし、中古車を買う場合は、それぞれのメーカーから発売された沢山の世代のモデルのなかから選ぶことができます。ですから、実は中古車のほうが「選べる楽しみ」は断然に大きいです。

このように、中古車のほうが新車に比べて選択肢の幅が広いというメリットがあります。ですから、「現行車のデザインは好きじゃない」という人は、中古車から選ぶことをおすすめします。

価格が安い

中古車の最大のメリットは、やはり「価格の安さ」です。最近の軽自動車は仕様が凝っているモデルが多いため、新車価格が200万円を超えるのも珍しくありません。軽自動車とは言え、簡単に購入できる金額ではありません。

しかし、中古車であれば、そのようなモデルが数十万~100万円以上も安く買える可能性があります。このお得感は、中古車ならではのものです。また、同じモデルでも、年式やコンディションの違いで、さまざまな価格帯の中古車を選ぶことができます。つまり、あなたの予算に合わせて選ぶことができるのです。

たとえば、予算に余裕があれば、新車では買えないハイグレードのモデルが手に届くかもしれません。また、少し走行距離の多い中古車を選べば、同じ金額で装備類が充実したものを選べます。

このように、中古車は1台ずつコンディションや仕様が違えば、価格も違います。ですから、あなたの予算や好みに合わせて選ぶことができるのです。これは、軽自動車を買う人にとって、非常に大きなメリットになると思います。

納車までの期間が短い

新車の場合、メーカーやモデルによっては「受注生産」を行っている場合があります。受注生産とは、新車の注文が入ってから製造する方法です。こうすることで、無駄な在庫を抱えずに済みます。

しかし、受注生産の場合、どうしても納期が遅くなってしまいます。人気車種の場合ですと、予約をしてから納車まで半年以上待たされることもあります。人によっては、その半年間で新車への熱が冷めてしまうこともあります。そうなると、新車を買ったことを後悔することにもなりかねません。

しかし、中古車の場合は違います。そもそも、もうすでに存在している車を買うのですから、当然ながら、新車より納期は早くなります。もちろん、納車までに点検や整備などは必要ですが、一般的には1~2週間程度で納車されます

まとめ

ここまで、軽自動車を新車で買う場合と中古車で買う場合、それぞれのメリットを紹介しました。どちらにもメリットはあるため、最終的には好みの問題になるかもしれません。

ただ、やはり決定的な違いは「価格」です。軽自動車の仕様や装備の違いで決めるのも良いですが、予算から考えるのが最も確実です。そのなかから、あなたの希望に合った軽自動車を見つけてみましょう。