中古車を購入するときの値引き交渉のコツを徹底解説!

実は、中古車の値引き交渉は、新車のときより難しいと言われています。しかし、中古車とは言え、「できるだけ安く買いたい」と考えるのは当然のことです。

そこで今回は、中古車を買うときの値引き交渉について説明します。ちょっとしたコツですが、それだけで数万円の差が生まれるので、実践しない手はないと思います。

中古車を買うときの悩み

一生において車を買う機会というのは、そうあるものではありません。ですから、いざ中古車を買うときになると、さまざまな悩みが出てくるかと思います。たとえば、以下のようなことです。

  • 中古車は値引きができるのか
  • なぜ中古車のほうが値引きするのが難しいのか
  • 費用項目のなかで、どのポイントを交渉すれば良いのか
  • 交渉するのは、何だかみっともない気がする

中古車を買うときには、このような疑問や悩みが出てきます。以下では、中古車を購入するときの「値引き交渉」についてポイントを解説します。

新車を買うのときの交渉と中古車を買うときの交渉の違いとは?

新車を買うときは、こちらから何も言わなくても、ディーラー側から値引きをしてくれるケースが多いです。しかも、そこからさらに値引き交渉を進め、価格を下げることもできます。

中古車の値引き交渉が難しい理由

しかし、中古車の場合は、そう簡単に交渉は進みません。なぜなら、中古車は「1点もの」だからです。中古車は同じ車種でも、それぞれコンディションは千差万別です。そのため、他店の価格を引き合いに交渉するのが難しいのです。

また、中古車販売店の立場から考えてみましょう。販売店は、「中古車を安く仕入れて、いかに高く売るか」というのが重要です。販売店は、そのようにして利益を上げるからです。そのため、そう簡単には交渉に応じてくれないのが現状です。

新車の値引きが簡単な理由

一方、新車を買うときの値引きについて考えてみましょう。

実は、新車販売ディーラーでは、営業マンの実績は「販売台数」で決まります。また、ディーラーはメーカーから補助金を受けることができるのですが、これは「販売台数」によって変わります。つまり、ディーラーにとって重要なのは「販売台数」なのです。

したがって、ディーラーの営業マンにとって値引きをすることは、痛くもかゆくもないのです。むしろ、販売台数を伸ばすことを考えれば、「値引きをするのは当然」と捉えることもできます。

また、新車価格にはメーカーから指定された「定価」があります。また、コンディションもまったく同じ状態になります。ですから、どこの新車販売店で買っても、車自体には差がないということです。

そこで、違いが出るのが「値引き額」です。値引き額はディーラーの営業マン次第になるので、店舗ごとに差が生じます。つまり、ユーザーが比較するポイントは、「値引き額」ということになります。ですから、ディーラーは他社と差別化するために、値引き交渉にも積極的に応じてくれるのです。

これらの理由から、「新車を買うときより中古車を買うときのほうが値引き交渉は難しい」ということが理解できると思います。

中古車の大幅な値引きは要注意

中古車を買うときに交渉をするうえで、あまりにも簡単に値引きされるのも要注意です。本来であれば、中古車は値引き交渉が難しいです。しかし、簡単に値引き交渉に応じてくれるということは、その車のコンディションが良くない可能性を疑ってみる必要があります。

たとえば、「メーター改ざん」や「修復歴車」など、何らかの問題を抱えているケースが考えられます。通常であれば、そのような中古車は非常に売りにくい商品となります。しかし、大幅に値引きすることで、販売店側も「できるだけ早く手放したい」と考えるのです。ですから、中古車の場合、「大幅な値引き」には十分に注意しなければいけません。

中古車の値引き交渉のコツ

それでは、具体的にどのようなポイントで、中古車の値引き交渉を進めれば良いのでしょうか。

値引きに応じてもらいやすい費用項目とは?

購入したい車が決まったら、まずは車両本体価格を交渉してみましょう。たとえば、「予算を少しオーバーしているから安くならないか」と切り出してみます。

さらに、細かな費用項目を確認するために、見積もりを必ず出してもらいましょう。購入費用の内訳は、主に「法定費用」と「販売店手数料」に分かれます。法定費用とは、主に税金関係なので交渉することはできません。値引きの可能性があるのは、販売店手数料のほうです。

手数料は販売店側が自由に設定できます。そのため、値引き交渉に応じてもらえる可能性が最も高いと言えるのでしょう。販売店側もある程度値引き交渉に応じれるよう、はじめは高めに設定している可能性もあります。

したがって、交渉の順番としては、「車両本体価格」を最初に交渉します。その次に、「販売店手数料」を交渉します。このように、交渉しやすいポイントを理解しておけば、やたらめったらに「安くして欲しい!」と交渉するよりは、遙かに効果的です。

車庫証明は自分で取得できる

車を購入するときは、車庫証明を必ず取得することになります。ただ、ほとんどの場合、手続きをそのまま販売店に代行で依頼するのが一般的です。しかし、車庫証明は自分でも取得することができます

方法としては、警察署に行って必要書類をもらいます。それから、用紙に記入し、他の必要書類も用意します。再度警察署に行き、それらの書類を提出すれば完了です。

そもそも車庫証明は自分で取るものです。しかし、サービスの一環として代行してくれる販売店がほとんどですから、「車庫証明を自分で取る」という認識がないのだと思います。

値引き交渉とは直接は関わりありませが、こうすることで、販売店手数料を1~2万円も安く抑えることができます。

値引きではなく「オプション追加」という手もある

先述のとおり、中古車は値引き交渉がしにくいというのが実情です。ただ、上記のような方法で交渉を進めれば、値引きしてもらえる可能性は十分にあります。しかし、もし思うように交渉が進まなかったら、最後は「何かオプションを付けれるか」と聞いてみるのも賢い交渉と言えます。

販売店として、「値引き交渉が難しくても、追加のオプションなら付けやすい」というケースは良くあります。無料でオプションを付けてもらえれば、お得に買えることに違いはありません。

まとめ

ここまで、中古車を買うときの値引き交渉について説明してきましたが、いかがだったでしょうか。

中古車とはいえ、決して安い買い物ではありません。ですから、「できるだけ安く買いたい」と考えるのは当然です。とくに車を買うことに慣れていない人は、上記のポイントをしっかりと理解しておくことをオススメします。そうすれば、お気に入りの中古車を少しでも安く買うことができると思います。