中古車を購入するときは年式と走行距離に注目しよう!

中古車を買うときに、デザインやカラー、装備などを重視する人は多いです。しかしながら、中古車の年式や走行距離にも注目すべきです。なぜなら、価格を大きく左右するからです。

ここでは、中古車を選ぶときの年式や走行距離について詳しく説明します。

年式と走行距離が価格に与える影響

同じ車種でも中古車の場合は、「古い年式」のほうが低価格になります。古いのですから、当然と言えるかもしれません。また、走行距離においても同じことが言えます。走行距離が多い中古車は、それだけ部品などが消耗している程度が大きくなります。つまり、「古い」と見なされるのです。したがって、走行距離の多い中古車も、価格は安くなります

それでは、年式と走行距離はどちらのほうが中古車価格に大きく影響するのでしょうか。

結論から言うと、「走行距離」のほうが価格を大きく左右します。たとえば、「新しい年式の走行距離が多い車」と「古い年式の走行距離が少ない車」を比べると、前者のほうが低価格になるケースが多いです。

なぜなら、年式が新しくても走行距離が多ければ、それだけ古い(使われた)車と見なされるからです。しかし一方で、古い年式でも走行距離が少なければ、コンディションが非常に良い中古車もあります。つまり、その中古車の「消耗度合」が価格を決定付けるのです。

性能を重視する場合は、新しい年式の中古車を選ぼう

新しい年式の中古車が高いのは、はやり「コンディションが良い」「「走行距離が少ない」「装備などの性能が優れている」という理由からです。古い年式の中古車でも走行距離が少なければ、部品などの消耗もそこまでありません。この場合は、古い車でも価格の相場は高めになります。ただ、はやり古い年式の車ですから、性能面で劣ってしまうのがデメリットです。

古い年式の車でも、走行距離が少ないものがあります。そのような中古車はコンディションが比較的良いものが多いです。しかし、目に見えないところにサビが生じていたりゴムなどが劣化していたりする可能性があります。

そういう意味では、新しい年式の中古車の場合は、故障したり劣化したりする心配は少ないです。また、エンジン性能や安全性能、カーナビ、ステレオなどの機能面においても、はやり優れています。さらに、燃費性能でも差が生じるでしょう。

高年式車とはいえ中古車ですから、多少のトラブルは覚悟しておきましょう。しかし、低年式車に比べれば、故障などのリスクも少ないですし、トラブルが生じたとしても修理などにかかる負担費用は安くなると思います。

したがって、機能面を重視するのであれば、新しい年式の中古車を選ぶと良いです。古い年式の中古車でもコンディションの良いものはありますが、どうしても機能面では劣ります。

中古車価格と走行距離の目安

同じ車種の同じモデルでも、走行距離が多いほうが価格は下がります。走行距離の1つの目安は、「5万km」を超えているかどうかです。このラインを超えた中古車は、価格が一気に下がる傾向にあります。

理由は、車のコンディションによるものも考えられます。しかし、一番の要因は、「人気」です。5万kmを超えた中古車は、市場での人気がガクッと下がります。そのことが相場に影響するため、5万kmを堺に大きく価格が動きます。

10万kmを超えると、中古車の価格はさらに下がります。10万kmを超えた中古車は、部品などがかなり消耗されているはずです。また、10万kmともなると、それなりに古い年式になります。これも価格が安くなる理由です。

年式が新しくても要注意

しかし、年式が新しければ良いというわけではありません。前のオーナーがきちんとメンテナンスをしていなければ、比較的新しい中古車でも、コンディションが悪いものはたくさんあります。

たとえば、前のオーナーが購入してから売るまでの3年間、まったくエンジンオイルを交換していなかったらどうでしょうか。この場合、3年とまだ新しい車にも関わらず、すでにエンジンがダメージを負っている可能性があります。たとえ年式が新しくても、エンジンが損傷していれば致命的です。

したがって、「年式が新しいから良い状態」とは限らないのです。ですから、中古車をできるだけお得に買いたいのであれば、「整備手帳」などを見て、その車がどの程度メンテナンスされてきたかをチェックする必要があります。

中古車ですから、多かれ少なかれ使用されたことに違いはありません。できるだけコンディションの良い中古車を探す場合は、走行距離が少なくて年式の新しいものを探すのが無難です。

中古車選びは何を基準にするべきか

できるだけ安い中古車を探すのであれば、年式の古いものから探すと良いです。しかし、いくら安くても、購入後に故障などが立て続けに起こっては本末転倒です。ですから、この場合は、できるだけ中古車のコンディションにも注意しましょう。

中古車でも機能を重視するのであれば、新しい年式の中古車を選びましょう。しかし、価格は高くなるため、事前に予算を決めておくと探しやすいです。さらに、どの程度の走行距離なら許容範囲か考えてみましょう。これによっても価格に差が生じます。

ただ、いくら性能が良くても、それが本当に必要な機能か考えてみるのも重要です。せっかく高い中古車を買っても、実際に使わない機能が充実していても意味がありません。ですから、自分にとって必要な装備は何かを見極めるのも、中古車選びには大切なことです。

また、車の維持費を抑えるために、価格の高い低燃費車を購入したとします。しかし、ガソリン代が節約できても、購入価格の上がり幅には及ばないケースは良くあります。この場合、トータルコストで考えると、「低燃費ではない低価格の中古車」を買ったほうが結局お得になります。

このように、中古車を選びのポイントは、ユーザーが何を重視するのかで変わります。重要なのは、購入後の「修理費」や「ガソリン代」などのトータルコストも考えることです。その上で、気に入った中古車を予算に合わせて見つけてみましょう。