中古車を決めてから納車されるまでの期間は何日かかる?

中古車を買う場合、どの中古車にするのか決めてから納車されるまでには、どれくらいの期間がかかるのでしょうか。

このページでは、中古車を購入するのにかかる日数について解説します。

中古車の納車にかかる期間はどのくらい?

中古車が納車されるまでの期間は、その車の状態や手続きの進み具合によって異なります。ただ、一般的には、1~2週間程度と考えておきましょう。

中古車を購入するときの流れを確認してみましょう。

【中古車が納車されるまでの流れ】

  • 購入申し込み
  • ローンの審査(必要に応じて)
  • 頭金の支払い
  • 必要書類の用意
  • 車両登録
  • 点検・整備
  • 納車

基本的には、このような流れで手続きは進みます。

納車まで1~2週間と聞くと、「以外と早い」と思うかもしれません。手続きでは、任意保険にも加入する必要があるのですが、これは納車準備をしている間に行えます。ですから、任意保険の加入手続きも含めて、1~2週間程度で納車まで辿り着くことが可能です。

ただ、ここで示した期間は、あくまでの平均的な目安として考えておいてください。車の状態によっては、整備などに時間がかかるかもしれません。また、書類の準備に戸惑ってしまうと、スムーズに手続きが進まないことも考えられます。

納車が早くなるケース

中古車の納期は、その車や販売店によって変わります。ここでは、納車までの期間が短くなるケースを紹介します。

車検が残っている中古車の場合

中古車のなかには、車検がまだ有効な段階で売られているものもあります。そのような中古車を買う場合は、あらためて車検に通す必要はありません。そうなれば、車検に通すための整備や手続きにかかる時間を大幅にカットすることができます

ただ、車検に通さないからといって、納車前に点検しないというわけではありません。しっかり安全に乗れるかを確認してからでないと納車はできません。ですから、車検付きの中古車でも何ら問題はありません。

車庫証明がすぐに取得できる

車を購入する場合は、車庫証明が必要です。それに必要な書類がスムーズに用意できれば、手続きも早いです。しかし、車庫証明に必要な書類を、郵送などでやり取りする場合は、かえって日数がかかってしまうこともあります。

警察署に行けば、車庫証明は自分でも取得できます。そうすることで、諸経費が抑えることができ、場合によっては販売店に代行してもらうより早く済むかもしれません。

自宅と購入店が近い場合

自宅と中古車を買うお店が近ければ、納車にかかる時間が必然的に短くなります。場合によっては、購入店が遠方になることも考えられます。この場合は、納車だけで数日かかるケースもあります。したがって、自宅と販売店との距離も納期に大きく影響することになります。

納車が遅くなるケース

ただし、場合によっては、納車までに3週間以上かかることもあります。以下では、中古車の納期が遅くなるケースを紹介します。

車検が切れている中古車の場合

車検が切れている場合は、そのまま乗ることはできません。ですから、改めて車検を通す必要があります。車検に通すための整備が必要になり、また手続きなどにも時間がかかります。ですから、車検が切れている中古車を買う場合は、どうしても納車までの期間が長くなってしまいます。

整備や修理に必要な部品を取り寄せる場合

中古車を購入する場合は、納車前に必ず点検・整備が行われます。これは、車が安全な状態で引き渡しをするためです。車の状態によっては、部品交換が必要になるかもしれません。

その際、すぐに部品が手に入れば問題ないのですが、扱いに慣れていない車種の場合は、部品を取り寄せることも考えられます。この場合は、通常より修理に日数がかかってしまいます。

納車前にカスタムする場合

販売店によっては、中古車のカスタマイズに対応してくれるところがたくさんあります。また、カーナビやETCを取り付けたり交換したりすることも考えられます。そのような場合は、通常の整備・点検よりどうしても日数がかかります。

繁忙期に注文した場合

年度末の2~3月というのは、新車・中古車問わず、1年のうちで最も車が売れる時期になります。この時期になると、中古車販売店はどこも大忙しになります。販売店側もいくつもの契約を同時進行しているような状態が2ヵ月ほど続きます。

この時期に中古車を買うと、どうしても通常の時期に比べて手続きに時間がかかってしまいます。ですから、繁忙期に中古車を買う人は、このことは覚悟しておきましょう。

ローンの審査通過に時間がかかる

ローンを組んで中古車を購入する人もいるかと思います。ローンは、主に「ディーラーローン」と「銀行系のローン」に分けることができます。

  • ディーラーローンの場合は、金利手数料が少し高くなりますが、審査に通りやすいというメリットがあります。
  • 銀行系のローンの場合は、金利が低い代わりに、審査基準が高いというデメリットがあります。

したがって、銀行などの金融機関でローンを組む場合は、審査に1~2週間かかってしまうこともあります。

まとめ

ここまでの説明で、中古車の納車までにかかる期間について理解できたかと思います。

基本的には、納車までの期間は1~2週間程度と考えておきましょう。しかし、車検を通したり整備などに時間がかかったりする場合は、納期がそれよりも遅れる可能性は十分にあります。また、ローンの審査に時間を取られることもあります。

実際のところ、納車までの期間は販売店に左右される部分が大きいです。上記の説明を参考にし、納車にかかる期間を考えつつ中古車を探すのが賢い方法です。